低用量ピルの賢い使い方

低用量ピルのメリットとデメリット

低用量ピルは女性のホルモンバランスを整えてくれる強い味方ではありますが、メリットとデメリットには何があるのでしょうか。
低用量ピルを服用することによるメリットは、避妊を目的としている場合ではコンドームなどの避妊具に比べて高い避妊効果があることです。避妊以外では、月経前症候群や生理時の経血過多、過長月経、生理痛といった生理がある女性独特の症状や、女性ホルモンの分泌量が減ってしまうことで起こる更年期障害の改善に大きく役立っています。また、排卵が抑えられるため、卵巣がんや子宮内膜症などの女性特有の病気の発症を抑えることも可能になると言われています。生理周期をずらすこともできるため、海外への旅行の予定や結婚式など、事前にわかっている予定の時に生理になりたくない場合にも利用できます。
低用量ピルを服用する際のデメリットとしては、副作用があることです。もともと体内にある女性ホルモンが配合されているため副作用は起こりづらいとは言われていますが、頭痛やむくみ、嘔吐感などの副作用が出るケースがあります。また、ホルモンバランスが整うことによって食事をしっかりできるようになり、太ってしまうという声もあります。多くの症状は1~2か月で軽減すると言われ知恵ます。また、低用量ピルを服用する際の最大のデメリットは、妊娠できないということです。避妊を目的に低用量ピルを服用している人は当てはまりませんが、生理痛や経血過多などの症状の軽減のために服用している人の場合、低用量ピルを服用中には妊娠することができなくなってしまいます。しかし、低用量ピルの服用をやめて1か月ほどで排卵がスタートし、妊娠することが可能になると言われています。

低用量ピルの避妊以外の女性にうれしい効果

低用量ピルは、避妊以外にも様々な効果があります。低用量ピルには、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが配合されているため、服用することで、月経周期が安定、月経血量の減少による貧血の改善、月経痛の軽減、子宮内膜症の予防と改善などがあります。
低用量ピルは、1日1回服用することで効果が発揮されます。21日タイプと28日タイプがありますが、どちらでも毎月決まった日に月経が来るようになるため、スケジュールを立てやすくなります。また、試験や旅行などの大事なスケジュールが決まっている場合には、月経がぶつからないようにコントロールすることが可能です。月経をコントロールしたい場合には、ピルの種類によって変更方法が異なるため、医師に相談することになります。いままで服用していなかった場合には、間に合わない場合もあるため、早めに受診することです。
低用量ピルに含まれている女性ホルモンの働きにより子宮内膜が厚くならないようになります。月経時の痛みは、子宮内膜に含まれている物質が原因です。低用量ピルを服用することで、子宮内膜が厚くならないため、痛みを引き起こす物質も減るため、月経痛が緩和されることになります。さらに、子宮内膜症になりにくいともされています。すでに子宮内膜症になっている場合は、進行を止められる可能性もあります。
低用量ピルを服用することで、ホルモンバランスが改善されます。その結果、月経前症候群の軽減やにきび・多毛などの改善、更年期症状・骨粗鬆症の予防などの効果があります。排卵前後のホルモンの変動がなくなることで、これらの症状の軽減につながります。そのため、月経前症候群で悩んでいる場合も低用量ピルを服用することで、改善できることがあります。

低用量ピルを賢く買うなら個人輸入を利用

低用量ピルを飲み始めたいと思ったら、まず産婦人科へ行く人が多いでしょう。しかし、低用量ピルの処方は健康保険が利用できないため、診察代と低用量ピルの薬の価格で5000円程度の価格がかかります。この負担が毎月かかってしまうことと、さらに初診の際には検査を行うケースがあるため、検査代だけで1万円を超えてしまうケースもあると言われていて、さらに高額になってしまうことがあります。
なるべく低額で低用量ピルを服用したい場合には、個人輸入を行うといいでしょう。個人輸入の際には医師の診察や処方箋等が不要のため、24時間いつでも自分のタイミングで購入することができます。日本語のサイトや個人輸入の代行業者も多くあるため、国内のネットショップで買い物をすることとあまり感覚に違いはありません。また、価格も産婦人科などで診察を受けて処方してもらうよりも格段に安く手に入れることができるのです。病院に行く時間がなかったり、病院に行っているところを見られたくない、一度は病院で処方されているので、同じものを安く手に入れたいという人には個人輸入を行ってみるのも良いでしょう。
しかし、個人輸入の際には注意点があります。個人で使うことを前提に、一定量の低用量ピルの個人輸入が認められているのですが、国内で流通しているものではないため、説明書はすべてその国の言葉で書かれているため、自分で服用方法をしっかりと確認しなければなりません。また、国内で流通している薬の場合には万が一何かがあった時も国の補償などがあったりしますが、個人輸入の場合には補償がありません。また、本物そっくりの偽薬を販売していることもるため、注意が必用となります。
●低用量ピルをお手軽に
通販で簡単に購入できる低容量ピル