低用量ピルの賢い使い方

低用量ピルに男性用はある?服用で胸が大きくなるのか

低用量ピルは女性用の避妊薬として処方される薬ですが、こうした避妊を求めるというのは何も女性に限った話ではありません。
男性としても「経済的な余裕が出来るまでは子どもを作りたくない」と考えている人は多いですし、またパートナーの負担を考えて避妊をしたいという人も多くいます。
ですが実際のところ、男性用の低用量ピルと呼ばれるような薬に関してはまだ開発されていないのが現状です。
理由としては18世紀ごろからすでにコンドームが普及していて男性の避妊という目的はある程度達成されていたこと、かつて開発されていたテストステロン供給型と呼ばれる男性用のピルのような薬の臨床試験データがおもわしくなく開発が中止されたことなどが挙げられます。
男性用ピルの開発が完全に諦められたわけではありませんが、こうした理由があることから実用レベルと言えるような男性用ピルが登場するのはまだ先になるとして見て良いでしょう。
さて、ではここで話題を少し変えて「低用量ピルで胸が大きくなるのか」という疑問を見てみましょう。
低用量ピルは仕組みとして「女性ホルモンを供給することで妊娠を防ぐ」という仕組みを有しています。
そこにはエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンも含まれており、このエストロゲンは女性らしい体を作る効果がありますので、豊胸作用が全くないとは言えません。
事実として低用量ピルを服用してバストアップの効果があったとしている人もそれなりにいますから、豊胸作用はそれなりに見込めるとして考えられます。
ただ低用量ピルはあくまでも避妊目的や婦人病の予防・治療目的で服用されるものであり、こうした作用は副作用に過ぎません。
副作用を期待して薬を飲むというのは正しい方法ではありませんから、「バストアップしたいから」という理由だけで低用量ピルを飲むのはお勧めできないでしょう。