低用量ピルの賢い使い方

低用量ピルで避妊して生理不順も順調に改善

低用量ピルは避妊だけではなく、生理痛やPMS、更年期障害の治療にも使われています。また、生理不順にも効果があります。
女性の身体や気持ちは生理周期に大きく影響されています。その生理周期を作り出しているのは女性ホルモンですが、女性ホルモンの分泌はストレスや不規則な生活、疲労などで簡単に乱れてしまうのです。それにより生理周期が乱れてしまったり、それを放置しておいたため生理がなくなってしまう女性も多くいます。低用量ピルは他の処方薬のように「毎日これだけ飲めばいい」というものではなく、1日目にはこれ、2日目にはこれ、というように、毎日飲む薬が決まっています。本来の生理周期に合わせた女性ホルモンの分泌量に合うように、低用量ピルを飲む日に合わせて女性ホルモンの配合量が違っているためです。低用量ピルを服用することによって女性ホルモンのバランスが整ってきて、消退出血が規則的に起こるようになります。そのため、生理周期が安定してくるのです。これによって約28日と言われている生理周期が整うため、旅行などの予定が立てやすくなるというメリットがあります。
低用量ピルを服用していると生理周期は整ってきますが、その間は女性ホルモンの分泌量をコントロールするため、排卵が起こらなくなります。そのため、低用量ピルを服用中には避妊効果もあります。避妊具の代表的なものであるコンドームに比べても避妊率は高く、低用量ピルを規定通りにちゃんと飲み続けることでほぼ100%の避妊が可能だと言われています。もし、妊娠を希望することになれば、低用量ピルの服用をやめればすぐに排卵が始まりますので、妊娠することは可能になります。服用をやめてから1か月ほどで妊娠が可能になると言われています。